スパンキングとは

風俗エステのカテゴリーではなく、SMプレイのカテゴリーの中でよく行われるプレイの名称です。
女性の手で男性のお尻や太ももの付け根、股の間などを叩くプレイで、女性の手だけでなく、当店では、パドルという小さな鞭のような道具を使う事もあります。
風俗エステにおけるスパンキングは、鞭などで叩かれるようなハードなプレイではありませんので、怖がる必要はありません。

凌辱される悦び

何故たたかれたいのだろう?自分は変態なのだろうか?と悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、悩むほどのことではありません。
スパンキングは、母親の愛情表現の一つです。
根本的には、男はみんなマザコンのようなものと言われます。産まれたばかりの男の子は、母から生まれ、基本的に母に育てられます。女性に甘え、守ってもらって幼児期を過ごします。
三つ子の魂百までという言葉もありますが、根本的に男性は、そういった女性の愛を求める傾向にあります。
しかし、ある一定の年齢になると、社会に出なくてはなりません。
日本の男性は特に、「男は強くあるもの」と教育されてきました。
社会の環境もいまだそういった傾向はあります。
社会的な環境に適合するために、男性は社会的な欲求で根本的な欲求を覆い隠します。
ある意味、これは根本的な欲求と社会的な欲求の板挟み状態にあり、人によっては完全なるストレスに他なりません。
スパンキングというのは、母親の愛情表現の一つですので、スパンキングを通して女性の愛情表現を受けたいという方は沢山いらっしゃいますが、叩かれたい欲求はあるが女性に叩かれるのは恥ずかしいという方も沢山いらっしゃいます。
当店としては、そういった方に特に利用して頂きたいと考えています。

女性に叩かれたいと思ったことありませんか?

なかなか経験できる事ではありませんが、みなさんもどこかで、「女性に叩かれてみたい」と思った事があるのではないでしょうか?
「征服したがる」のが男性の社会的欲求ではありますが、それが男性に大きなプレッシャーをもたらし、強いストレスの原因になる事があります。
女性に叩かれて、凌辱的に服従させられることで、そのようなプレッシャーから解放されると、痛みが快感に変わっていくようになります。
この快感は、気持ちい良いという肉体的な快感よりも、安心感などの精神的な快感です。
風俗エステにおけるスパンキングでは、それほど強い痛みを覚えるような行為はされません。ですが、尻をセラピストの手の平で叩かれているうちに、軽い痛みは快感に変わっていきます。

屈辱は快感

貴方が社会に出ていらっしゃる方であれば、スパンキングは屈辱的な行為かもしれません。
うつぶせのままスパンキングされるだけでなく、時に四つん這いになりアナルも丸見えの恰好でスパンキングが行われることもあります。
セラピストに淫語を浴びせかけられながら四つん這いにさせられ、屈辱の極みともいえる恰好で尻を叩かれているうちに、日常世界からは完全に隔離され、非日常の空間に誘われるようになります。
美しい女性に辱められる興奮をぜひとも味わってみて頂きたいと思います。

叩かれることに性的興奮を覚える方にオススメいたします。頬へのビンタなども対応しております。当店では、侮蔑的なものではなく、愛情を込めてスパンキングさせていただいております。また、スパンキングの臨場感を増すために、小型のパドル(スパンキング用)もご用意しております、こちらは手のひらより多少痛みが増え、音も大きくなりますので、ご要望があればセラピストにお伝えくださいませ。

尚、当店は出張風俗店(デリバリーエステ)ですが、デリヘルではありませんので、デリヘルのサービスは行っておりません。

スパンキング

営業時間・受付時間 11:00~LAST

清純派風俗エステ

倉敷市・岡山市
交通費無料(一部地域除く)
ラブホテル・ビジネスホテル・ご自宅に派遣致します。

あおぞら治療院入口

無店舗性風俗営業届出
岡山県公安委員会
第1556号

「スパンキング」なら『あおぞら治療院』

岡山風俗求人